古坂大魔王、爆笑問題との深い関係性を明かす「いつも中心に戻してくれた」

世界中で大ヒットを巻き起こしたピコ太郎のプロデューサーで、1月31日(木)に書籍「ピコ太郎のつくりかた」をヒットレーベル幻冬社×NewsPicksよりリリースした古坂大魔王。その古坂大魔王が、2月10日(日)TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」に出演し、売れなかった芸人時代の秘話や爆笑問題との深い関係性を話した。

フジテレビの人気番組「ボキャブラ天国」を含め、古坂大魔王と爆笑問題の2人とは20年来の親交。番組の中では今でもお互いに話すという過去の逸話で持ち切りに。

「爆笑問題は最初怖かった。BOOMERやデンジャラスも最初は怖かった。」「古坂が出演中に"つまらねぇ"とヤジを飛ばしてきた観客をステージ上に上げてイジリ倒した。」など、爆笑問題の2人も古坂も終始昔話を懐かしむ様子で進行。その関係の深さをうかがわせた。

古坂は売れない芸人時代を振り返り、「この2人(爆笑問題)がずーっと糸を引いてくれてたの。俺が仕事がなくて音楽をやったり、インターネットの方いったりした時期もあったんだけど、爆笑やくりぃむはこっち来いって中心に戻してくれてたの。」と感謝する場面も。

事実、くりぃむしちゅー上田もテレビ番組の中で、ピコ太郎がヒットする前に「俺が一番面白いと思う芸人は古坂」と発言するなど、今を輝く大物芸人たちがこぞってその才能を認めていたのだ。

また、古坂と家族ぐるみで親交が深い爆笑問題・田中は「ピコ太郎のつくりかた」を読んで「最後の話はすごいよね。本当にこんなことあるんだって思った。」と感想を述べた。

爆笑問題が今の古坂大魔王・ピコ太郎のヒットを作った陰の立役者といっても過言ではないのではないだろうか。

RECOMMEND NEWS

  1. 「名古屋行き最終列車2019」初回発進、第一回は大エース松井玲奈が登板

  2. 値段が高いのはどっち? 柳葉敏郎vs鈴木福「ニッポンの“モノ”見分け方対決」

  3. 内田有紀 23年ぶり司会に堺正章・宮迫博之「こんなにイケる人だとは思わなかった」

  4. 田中みな実、女優挑戦の記者会見でド緊張「どうしよう」

  5. 小栗旬×ムロツヨシの対立劇「二つの祖国」豪華キャストが集結

  6. 鈴木亜美 、芸能人対抗駅伝で激走「フォームが美しい」千葉真子も絶賛

  7. 小栗旬×ムロツヨシ 旧友から宿命のライバルへ、バチバチの対立劇が必見「二つの祖国」

  8. 高橋一生、斎藤工、滝藤賢一が“こじらせ男子”に「あえて結婚しない男子」を演じる

  9. 吉高由里子が残業ゼロ、定時で帰るがモットーのワーキングガールに「わたし、定時で帰ります。」

  10. 馬場ふみか 佐野ひなこ 久松郁実がダメ男をぶった切る「深夜のダメ恋図鑑」BD-BOX発売

  11. 「孤独のグルメ」大晦日SP 京都・名古屋編に決定、 豪華ゲスト解禁

  12. 次期朝ドラ出演決定で話題の水谷果穂、「メゾン・ド・ポリス」にゲスト出演

  13. 宮野真守 10年ぶりTVドラマもアドリブ連発、共演者は“マモロス”に

  14. 鈴木京香、未亡人役を熱演「今年一番の光栄で幸いなこと」

  15. 渡辺直美、国分太一も驚愕のNY超高級物件を購入!?